高知県日高村「第1回暮らしに変化を創出させるICT推進計画」実現に伴う事業を受託 ― 日高村のICTに関わる実態調査を実施し、調査結果に基づいた推進計画を策定 ―

2020.06.16

お知らせ
 

2020年6月16日 東京

人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループのグループ会社で、エンジニア人財サービスを提供する株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、高知県日高村による「第1回暮らしに変化を創出させるICT推進計画」実現に伴う事業を受託いたしました。2021年3月までの期間、日高村のICTに関わる実態を調査・分析のもと、自治体や住民の暮らしに変化をもたらすICT推進計画を策定し、地域の発展に貢献いたします。本事業では、「企業版ふるさと納税」制度を活用することで、より自治体との連携を強めた施策計画を実施する考えです。

弊社では2019年より、エンジニア社員が高知県日高村を含めた全国7つの地方自治体に赴き、課題解決施策を構想するプロジェクト「地方創生VI‐2019」をスタートさせました。この活動を通し、日高村においても約1年間にわたり地域住民・自治体職員と交流を深めながらフィールドワークを行い、資本分析と課題抽出のもと、地域の活性化に向けたさまざまな施策案を提案いたしました。VSNが展開するICTに関わる充実したITシステム等の導入実績、研修実績と環境を含めて公募型プロポーザル形式にて評価をいただき、2020年5月より、本事業の実施企業として選定されました。

今後、コンサルティング力と技術力を備えた『バリューチェーン・イノベーター』※として高い問題解決能力を有する弊社エンジニア社員が地域の方々と共に活動し、テクノロジーを駆使しながら自治体におけるICT教育や活用を推進する施策を計画・実施してまいります。

今後もVSNは、「ヒューマンキャピタル(人財)の創造と輩出を通じて、人と社会の歓びと可能性の最大化を追求する。」という理念のもと、エンジニアの能力開発を通じ、地域の特性を活かしたサスティナブルな地方創生の実現と、社会全体の発展に貢献してまいります。

※「バリューチェーン・イノベーター」とは:エンジニアが派遣先で技術提供を行うだけでなく、その過程で顧客のビジネスにおける課題を見つけ出し、顧客とともに改善に取り組むことで、企業価値の向上とビジネスの革新を推進するModis VSN独自のサービス。

株式会社VSNについて

株式会社VSNは、人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの一員で、エンジニア人財サービスを提供しています。全国に4,000名以上の正社員エンジニアを擁し、取引先企業へ対して高い技術力と幅広い経験を生かし、課題解決に貢献しています。また、VSNエンジニアが経営と現場、両方の視点からお客様の本質的な事業課題を解決する独自サービスである「バリューチェーン・イノベーター」により、企業の生産性向上を支援しています。 2020年7月1日付けで、アデコグループで技術系人財サービスを展開する「Modis」とブランドを統合し、事業ブランドの名称を「Modis VSN」へ変更します。

報道関係者からのお問い合わせ先

アデコグループジャパン 広報部
Tel.050‐2000‐7024